19


10

Eclipse Android SDKのコンテンツアシストのパフォーマンスが遅い

Windows 7マシン、64ビット、6 GB RAM、コア2デュオでEclipseを実行しています。 現在、Eclipse 3.6およびAndroid 2.2 SDKを実行していますIm jdk 1.6を実行しています

クラスのメソッドをリストするためにコーディングおよびコンテキストポップアップを表示すると、Eclipseが最大15秒間ハングすることに注意してください。 これはとてもイライラすることです。

注意すべき点として、Eclipseがハングすると、私のプロセッサーは最大限に使用され、Javaプロセスによって処理されます。 だから、それが何であれ、何かをする。 しかし、ピリオドでオブジェクトを終了するたびに頻繁にコンテキストボックスがポップアップし、作業するのが面倒になります。

-Xms1024m -Xmx1024m --launcher.XXMaxPermSize 512mなど、Eclipse.iniファイルの設定を変更しました。

私が見なければならない他のものはありますか?

4 Answer


12


Eclipseからのバグレポートを見つけることができました。

要するに:

_ 注意: Eclipse 3.6で実行されるADTプラグインには既知の問題があります。 追って通知があるまで3.5のままにしてください。 _

  • 修正するには、Eclipse 3.5を使用して、プロジェクトを 新しく作成されたワークスペース。 (Eclipse 3.6からワークスペースを保持すると、Eclipse 3.5でも問題が発生します。)


4


回避策の手順は、次のURLのコメント#8に記載されています:http://code.google.com/p/android/issues/detail?id=7850

例:

私はFroyoに対してコーディングしており、ターゲットのSdkVersionは7(AndroidManifest.xml)です。 そのため、ステップ1では、このファイルをダウンロードしました。

https://android.googlesource.com/platform/frameworks/base/+archive/froyo-release.tar.gz

次に、ステップ2で、その.tgzファイルのbase /ディレクトリをSDKパスに抽出し、/ opt / android-sdk-linux_x86 /の下にインストールします。 だから、ここに私がtgzに対して実行したコマンドがあります。

tar -vzxf base-froyo.tar.gz -C /opt/android-sdk-linux_x86/platforms/android-7/sources/ base/

最終目標は、SDKツリーの「ソース」フォルダーに実際のソースを配置することであるように思われます。そのため、自動修正がそれらを探しに行くとき、それらはそこにあります。

snpe60はそれをより明確に説明します。

_ snpe60によるコメント7、2010年10月14日この問題は、ADTクラスパスコンテナにデフォルトで無効なソース添付ファイルがあるために発生します。 https://review.source.android.com/16569で修正されています。 この変更により、ADTクラスパスコンテナーのソース添付ファイルの変更が有効になり、無効なソース添付ファイルの設定が無効になります。 ADT 8.0.0で利用できることを期待しています。 _


0


これははるかに優れていますhttp://nepnux.dyndns.org/index.php?option=com_content&view=article&id=50%3ahow-to-fix-slow-autocomplete-feature-autocompletion-hang-in-eclipse-361-helios- for-android-development&catid = 34%3ahow-tos&Itemid = 55 [Eclipseオートコンプリートの問題]


0


ここにあなたが抱えている問題へのリンクがあります