2


0

WCFを使用したSilverlightのクロスドメインポリシーエラー

SilverlightアプリをWCFサービスに接続すると、次のエラーが表示されます。 このwcfをセルフホストサービスとしてホストします。

_ URI 'http://lmr-hero/iSponsorWebSite/projectService.svc/basic’へのリクエストを試行中にエラーが発生しました。 これは、適切なクロスドメインポリシーが設定されていないか、またはSOAPサービスには不適切なポリシーで、クロスドメイン方式でサービスにアクセスしようとしたためと考えられます。 サービスの所有者に連絡して、クロスドメインポリシーファイルを公開し、そのファイルでSOAP関連のHTTPヘッダーを送信できるようにする必要があります。 このエラーは、InternalsVisibleToAttribute属性を使用せずにWebサービスプロキシで内部型を使用することによっても発生する可能性があります。 詳細については、内部の例外を参照してください。 _

このエラーの考えられる理由は何ですか?

3 Answer


6


Silverlightアプリケーションがサービスと同じドメインでホストされていない場合、サービスをホストするサーバーにclientaccesspolicy.xmlまたはcrossdomain.xmlファイルを配置する必要があります。

詳細については、次のリンクを参照してください。http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc197955%28VS.95%29.aspx


2



0


Silverlightを使用してWebサービスを使用する場合、SilverlightでWCF Webサービスを正しく設定するよう注意してください。 コンソールモードクライアントとは異なり、Silverlightでは、ソリューションにWCF新しいアイテムを作成することはできませんが、Silverlightソリューションの.Web部分の下で、「Silverlight対応WCFサービス」という新しいアイテムを追加する必要があります。 「。 これで、Silverlightアプリフォルダーに移動し、サービス参照を追加できます。このランタイムエラーは発生しません。 これにより、元のポスターが参照する実行時エラーが回避されます。