1


2

SQL 2008開発者からSQL Azureへの移行

こんにちは私の会社は、既存のアプリケーションをAzure Platform(SQLパートのみ)に切り替えることを決定しています。 したがって、ローカルからクラウドにデータベースをアップロードする必要があります。 移行のために、1のようなさまざまなツールに出会いました。 cerebrataのツール2。 SqlAzure移行ウィザード3。 Microsoft Sql Data Sync 4。 管理スタジオを介した従来のスクリプト方式。 しかし、上記のすべてのツールは、容量が限られていることを示しています。 ユーザーはどちらのツールでも問題なく作業することはできません。

  1. cerebrataのツールでは、主な欠点はアプリケーションの分野でした 管理者が共有していないユーザー名とアプリケーションキー。 また、紺zとローカルの間でフィールドの手動マッピングがあります。

  2. SQL Azure移行ウィザード-スクリプトを生成して実行しますが、 エラーがたくさん。 バージョン2.1を使用していました。 また、非常に遅いです。 Sql Srvr Mgmt Studioのレプリカのようです。

  3. Sql Data Sync:-MS製品であることがわかりましたが、 Windows認証ベースのローカルSQLサーバーにのみ接続するという制限もあります。または、必要なbutを明示的に許可する必要があります。 同期中に許可した後でも、SQL Azureプロビジョニングエラーが発生しました。

4 Sql Srvr Mgmt Studio:-これは最も簡単な方法ですが、実際の移行の前に多くの手作業を行う必要があります。 私がしたことは、db全体のスクリプト(単一のdbに対してほぼ101123行のコード)を生成し、紺onで実行しようとしたことです。 初めてキーワードの不一致エラーに直面しました。 最後に、「With(Padding = Off …​.)」または「On Primary」という主キー宣言の後のすべての行を削除してから実行しましたが、「Set Identity Insert On」でエラーが発生しました。 不要な行を削除するために多くのハードワークを行った後、スクリプトをリモートで完了するまで2時間以上待機しましたが、エラー、エラー、エラーはありませんでした。

ですから、皆さんは、上記よりも優れた代替案を提案するか、何か不足していて、上記でもっとできることを提案してください。

ありがとう

アミット・ランジャン

1 Answer


0


最近、同様の問題に直面しました。リストされているオプションを実行します。

Red-Gate beta for Azure(数か月間無料)を試してみてください。 それらのツールは、SQLスキーマとデータ複製に非常に優れていることがわかりました。

ただし、Azureビルドを自分で試したことはありませんでした(提供について通知されるまでに手動でテーブルを移行しました)。