62


39

隠された機能IntelliJ IDEA

もう1つの隠された機能とヒントとコツ「WIKI」。

Eclipse、Java、Springフレームワークの隠された機能を見た後、機能のリスト、IntelliJのTIPSも必要だと思いました。これはJavaで利用可能なIntelligent IDEです。

10 Answer


60


ヘルプ→生産性ガイド:見逃していたすべての楽しみをご覧ください。


58


構文を意識した選択が大好きです。 Ctrl + W

他のIDEでの作業を余儀なくされた場合、通常、そのキーシーケンスによりファイルが閉じられます。 それは厄介な負帰還ループです。


16


「Shift-F7」(スマートステップイン)は、他のIDEでは見たことがない便利なデバッグ機能です。 また、ライブテンプレートをプルアップするための CTRL-J`と、次の行をこのテンプレートとマージする(無関係の) CTRL-SHIFT-J`も気に入っています。

更新

さらにいくつかを得ました:

  • 「Ctrl-Alt-F7」を使用して、ポップアップリストに使用状況を表示します

  • 呼び出し階層は、「使用法を見つける」ことにより、ツリーを表示します。 現在のコードに至るメソッド呼び出しをトレースします

いくつかの追加のマウスボタンがあるので、高速アクセスのためにこれらのボタンをそれぞれボタンにバインドしました。


12


シフト制御スペース

コード補完のためにhttp://www.jetbrains.com/idea/documentation/tips/#tips_code_completion[Shift + Control + Space]が大好きです。これは秘密の考えではありません。 どこでも使用できます。Spring構成ファイルの属性の右側で、メソッド呼び出しを完了し、パラメーターを渡すことができます。

それについての良いところは、オブジェクト「y」内にタイプ「X」のパラメーターがある場合、Shift + Control + Spaceを2回押すと、可能なオプションの1つとして「y.X」が実際に表示されることです。 私はそれを秘密に分類できると思います:-)。

私がよく使用する他のショートカットは、Shift + Insertでコードを生成する(equalsやhashcode、または最終変数を初期化するコンストラクター)、Ctrl + IおよびCtrl + Oでメソッドを実装/オーバーライドする、Alt + Enterでコンパイルを修正するエラー/警告(コード検査の提案)。


12


CTRL+ALT+V - For variable extraction

CTRL+ALT+M - For method extraction

上記のショートカットは頻繁に使用します。


9


Eclipseの非表示機能投稿で最も投票された回答のIntellijバージョンから始めてはどうでしょうか。 =)

_ Ctrl + Shift + A を忘れないでください。すべてのキーボードショートカットの組み合わせのリストが表示されます(ここにリストされているものを忘れた場合に備えて)。 _

また:

また、公式を印刷することをお勧めします。IntellijIDEA 9デフォルトキーマップ:https://resources.jetbrains.com/assets/products/intellij-idea/IntelliJIDEA_ReferenceCard.pdf[WINDOWS-LINUX]、https://resources.jetbrains。 com / assets / products / intellij-idea / IntelliJIDEA_ReferenceCard_mac.pdf [OS X]、http://www.jetbrains.com/idea/docs/IntelliJIDEA9_ReferenceCard_Mac10_5.pdf [OS X 10.5+]


9


私が頻繁に利用されているのは、 Crtl-Alt-F7(OS Xでは⌘⌥-F7)で、_show usages_です。 「用途を見つける」よりもはるかに高速です。 両方は、コードとその使用方法を理解するために不可欠です。

もう1つ隠されているのは_column mode_です。これにより、コードを強調表示したり、垂直方向に置き換えたりすることができます。 このショートカットは Ctrl-Shift-Insert(OS Xでは⌘⇧*)です。


6


反復ベースのライブテンプレートは、他のどの機能よりも多くのタイピングを節約するようです。

private final org.slf4j.Logger logger = org.slf4j.LoggerFactory.getLogger($CLASS_NAME$.class);

private`の後にオプションの static`キーワードを追加http://www.slf4j.org/faq.html#declared_static [好みによる])変数CLASS_NAMEは式 `className()`を持つように定義され、定義されている場合はスキップ」と一緒に

logger.debug("$END$");


6


Closure Foldingは、Scalaを書いた後のJavaプログラミングの許容度をわずかに高めます。


1


パーシステンスツールウィンドウから、[Open ER Diagram]をクリックすると、データベース構造の図を見ることができます。