4


1

グローバルリソースを使用する理由

一部のプロジェクト(Webアプリケーションプロジェクト)では、グローバルリソースファイルを使用しています。 (App_GlobalResourcesフォルダーに保存)

プロ:本当に使いやすい:例 マークアップで

Property="<%$ Resources:FILENAME, KEY %>"
  • con *:-私の知る限り、リソースの内容をその場で変更することはできません。 したがって、顧客が電話をかけていて、フランスの実装で文字列を変更するように指示された場合、新しいバイナリを展開する必要があります。 SessionMode = "InProc"を使用していると、セッションの損失などの望ましくない動作が発生する可能性があります。

アプリケーションの最大稼働時間を確保するために、XMLファイルの行を変更したいです。 基礎となるデータソースとしてXMLファイルを実装する(キャッシングなどを使用して)独自のローカリゼーションクラスを記述することは可能だと思います。 質問は、そうすることで何か良い点はありますか?

グローバルリソースファイルを使用するための* pros または cons *を教えてもらえますか? (そして、私はまだ実行中のWebアプリケーションのリソースファイルを変更する提案を聞いています;))

グローバルリソースを使用することでどのようなメリットがありますか?

編集:(不明な)サードパーティライブラリを使用するのではなく、Visual Studioまたは.netフレームワークの「ビルドイン」ソリューションに固執したいと思います。

2 Answer


3


これはプロバイダーモデルなので、データソースを変更できます。 たとえば、データ駆動型アプリケーションに適したデータベースにリソースを保存できます。 簡単に編集、キャッシュ、インストール、更新できるためです。 http://www.west-wind.com/presentations/wwDbResourceProvider [こちら]にアクセスしてください。


0


グローバルリソースを使用すると、Webアプリケーションをローカライズできます。 サポートする必要がある言語ごとにグローバルリソースを持つことができ、aspxファイルを複製する必要はありません。 また、ユーザーは実行時に希望する言語に切り替えることができます。

こちらを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fw69ke6f%28VS.80%29.aspx [ウォークスルー:ASP.NETでローカライズするためのリソースの使用] + http://msdn.microsoft.com/en- us / library / ms227427%28VS.80%29.aspx [ASP.NET Webページリソースの概要]