2


0

Visual Studio 2008プロジェクトが読み取り専用である理由

私は学校向けのプロジェクトに取り組んでいます。そこではVisual Studio 2008を使用し、自宅で使用しています。どちらもエクスプレス版です。 問題のプロジェクトは学校で始めましたが、自宅で編集することはできません。.slnを開いたときにこれを取得します

「IntelliSenseデータベースファイルLocation / Junk.ncbを書き込み用に開くことができなかったため、IntelliSense情報は.VC ++プロジェクトでは利用できません。

ソリューションディレクトリが読み取り専用の場合、他の機能も影響を受けます。」

プロジェクトを開いて編集できるようにするにはどうすればよいですか?

5 Answer


5


2つの提案

  • Visual Studioでソリューションをまだ開いていないことを確認してください (これは愚かに聞こえるかもしれませんが、2つのVisual Studioインスタンスで同時にソリューションを開くことはできません)

  • Junk.ncbファイルを削除します(このファイルはVisual Studioによって生成されます。 ソリューションを再度開くと再作成されます)。


3


ソリューションディレクトリを書き込み可能にするには、ソリューションディレクトリを右クリックして[プロパティ]を選択し、開いたダイアログで[読み取り専用]チェックボックスをオフにします。


2


  • どこか他の場所で開いていますか?

  • ソリューションをCDに保存し、ファイルをハードにコピーしました ドライブ? (読み取り専用属性がハードドライブ上のコピーに転送されるため、ファイルの属性を手動で変更する必要があります。)

  • ソース管理下でチェックインされていますか?


1


おそらく、このソリューションを別のVisual Studioウィンドウで既に開いているためです。


0


Visual Studioのインスタンスがハングアップして応答しなかったのかもしれませんが、それでもJunk.ncbを保持していました。