7


1

XAMLエディターが4〜10秒間ハングし、気が狂う

同様の質問が存在することは知っていますが、この正確な問題には対処していません。

Visual Studio 2008 SP1に問題があり、xaml編集がフォーカスを受け取るたびに4〜10秒間ハングします。 文字通り、私は絶望に追い込まれ、私はWinformsに戻ります。 注-まっすぐなxamlを編集するだけで(デザイナーが有効になっていない場合)、問題は解決しません。

私は次のことをしました:

  • XAMLデザイナーを無効にする

  • すべてのプラグインを無効にします (なにもない)

  • ハングしたアクティビティのチェックされたディスク/ページング(再度、なし)

  • Silverlightをアンインストールしました

セットアップ:Windows XP64 8 Core Zeon、16Gb RAM

3 Answer


5


VS 2008のXAMLのデザイナーは脆弱です。 これらの問題の多くは、VS 2010で対処され、劇的に改善されました(ベータ2でも)。

私はデザイナー作業専用にBlendを使用し始め、XAMLファイルを扱うために(デザイナーではなく)XMLエディターを使用するようにVSをセットアップしました。 これにより、Visual Studio内で瞬時に編集が可能になりますが、設計時のエクスペリエンスが必要な場合はBlendに交換する必要があります。


0


私にとって、XMLエディターは正しく機能しませんでした。 [ツール]、[オプション]、[テキストエディター]、[XAML]、[その他]で、[常に完全なXAMLビューでドキュメントを開く]を有効にしました。これにより、IDEがxamlを開いた状態でレンダリングし、XAMLを編集できるようになります。 レンダリングペナルティを支払う準備ができたら、[デザイン]タブをクリックできます。

誰もがxamlを手で書く方が速くて楽しいことを知っているからです:)


0


XAMLエディターでもまったく同じ問題がありました。XAMLコードをフォーカス、保存、開くたびに、Visual Studioが数秒間動けなくなりました。

私にとっては、解決策は* Microsoft.mshtml *への参照を削除することでした-理由はわかりません(誰かがコメントした場合はコメントしてください)。